悪玉菌を減らしてガス退治!

スポンサードリンク

腸内に悪玉菌が増えてしまうとどうなるかご存知ですか?

特に大腸菌などの悪玉菌が繁殖していると、悪玉菌が有毒ガスを発生し
おなかの中にガスが溜まってしまいます。
さらに便やおならに強い悪臭をもたらす原因にもなります。

その他、悪玉菌の分解作用で発生した有毒な物質やガスが体外に
排出されなかった場合には、腹部が張ったり、腹痛が起こる原因になります。
有害なガスや物質が大量に発生すると、肌荒れの原因や体臭などにも
影響が出てしまいます。

大腸粘膜から吸収された有害な物質やガスが肺を通り、
口臭として排出されたり、悪玉菌が優勢になると、身体の免疫機能が低下して、
その結果、風邪や食中毒、口内炎、その他の感染症など病気に
かかりやすい状態になってしまう恐れもあるのです。

そして、有害な物質が充満すると、疲労、体調不良、倦怠感、老化などの
原因にもつながります。

予防、対策するためには腸をキレイにリセットしてあげる事が重要なのです。

悪玉菌が発生しにくい食事を取る事、特にタンパク質や脂肪を摂り過ぎると、
悪玉菌が毒ガスを発生しやすい環境をつくってしまいます。
なるべく食物繊維などを多く摂るよう心がけて、食生活を今一度、
見直して見る事が大切なポイントです。

その他、宿便取りなどで腸内を洗浄し、悪玉菌や宿便、溜まっている
ガスなどを追い出して、腸を一気にキレイにリセットしてあげるのも
一つの方法だと思います。
悪玉菌を減らし、ガスを退治し、毒ガスの発生しにくい腸内環境をつくりましょう。


スポンサードリンク


お腹にガスがたまる人へ~ガス抜きでぽっこりお腹解消TOP