ガス(おなら)は我慢しない事!

スポンサードリンク

通勤ラッシュの電車の中や職場、ミーティングや会議、特別な席など、
どうしてもガスおなら)を出したいのに出せない場面に出くわす事は多々あります。

一時的に我慢できる場合は良いですが、ガスおなら)を我慢してしまうと、
ガス(おなら)を出したくてもおなかの中で溜まってしまったり、
下腹が張って苦しいですよね。

たかがガスおなら)と思っていたら大間違いです。馬鹿にしてはいけません。
では、ガス(おなら)を我慢してしまうとどうなるか?

我慢してしまったガスおなら)が肛門で出るに出られず腸内に停滞してしまい、
内臓に対して悪影響を及ぼしてしまいます。

例えば、腸内に停滞してしまったガスおなら)は、そのガス(おなら)の
圧力によって腹痛を引き起こします。特に、横行結腸に溜まってしまったガスは
胆嚢やすい臓を圧迫してしまうので、場合によってはとても激しい痛み
引き起こしてしまう恐れもあるのです。

さらに腸の壁を通り血液を逆流するなどの場合もあります。
血液内に押し戻されたガスは肝臓などにも負担を与えてしまうのです。
腸の機能をくるわせてしまい、便秘になってしまったり、有害な物質ガスを
発生させてしまう為、ガス(おなら)のにおいが強い悪臭を放ったりと、
とにかく悪循環になってしまいます。

エチケットを意識しすぎて、ガスおなら)を我慢してしまうと、
とにかく身体に悪影響です。
もちろん、エチケットは大切な事ですが、普段からなるべく我慢をしない
環境をつくる=生活のリズムを整えて、腸内の正常化を計る事が大切です。


スポンサードリンク


お腹にガスがたまる人へ~ガス抜きでぽっこりお腹解消TOP